魔法のサイクル

WEEKLY CYCLE

7/16~7/22のサイクル

本音を叫ぶ

自らの本音、本心がある程度、整理できたら、その想いを大自然に向かって、叫んでみましょう。
誰もこないビルの屋上、早朝の大きな公園、空や海、山や大木などに向かって、自分の本音を大きな声で吐き出してみましょう。
そのとき大事なことは、ネガティブな想いにフタをしないこと。
自分の気持ちを正直に叫んだあとは、「ありがとうございました」も忘れずに。

MONTHLY CYCLE

7月のサイクル

魔法のじゅもん私はあるがままの自分を受け入れます
魔法の作法空に向かって、大声で叫ぶ

自分の気持ちにウソをつくのはやめにして……。
本音で書き、語り、本音で相手と向き合いましょう

今月は、「9:完結」の月。2018年は古い人間関係と新しい人間関係の間で、気持ちが揺れ動くとき。そうした心の揺れ、迷いにも、そろそろ決着をつけるタイミングです。あなたのなかの心の深い部分では、すでに「答え」が出ているハズ。アタマで考えていることと、心で感じていることが違うから、迷いが出てくるのですが、アタマと心、どちらの「答え」を採用したほうがより自由に、より豊かに、より幸せになれるかは、あなたも十分、わかっているでしょう。

もう、家族だから……、長いつき合いだから……、お世話になったから……、偉い人だから……、つき合っていると得だから……という世間の常識や損得勘定で、人間関係に縛られている時代ではありません。あなたの心、「内なる自分」は、はっきりとわかっているハズ。目指す方向性が違うものは違うのです。違う人とは話が通じませんし、会話が成り立ちません。もう、そういう違う人たちと一緒に生きていくことはできない時代がやってきたのです。今月はそれを誰もが明確に、思い知らされることになるでしょう。
自由や豊かさ、幸せなどはすべて、あなたの心、「内なる自分」が決めること。物質的なモノやお金などがどれだけたくさんあっても、それだけで自由や豊かさ、幸せを感じられるものではありません。あなたの本音、本心にフタをしたまま、生きていくのはもうやめにしませんか? イヤなものはイヤ。嫌いなものは嫌い。違うものは違うでいいのです。もう我慢したり、自分の気持ちにウソをついたりするのはやめにしましょう。そうした自分の本当の気持ちを認めて、その想いを素直に表現し、癒し、解放してあげることが、今月の波にのるコツになるのです。

ご縁が薄くなるであろうと感じている人に対して、直接、別れを告げる必要はありません。もちろん、そうしたければ、そうしてもかまいませんが、相手に直接伝えると、当然、反発が強く返ってくることになるのは避けられません。それよりも別れを予感している相手がいれば、その相手のことを思って、空に向かって大きな声で別れを告げましょう。「ありがとう。さようなら」と。あなたの気持ちをドンと受け取ってくれるような空や海、山や大木など、大自然に素直な気持ちを託せば、それでいいのです。

YEARLY CYCLE

2018年のサイクル

今年は「つながり・動揺」の年。
誰とつながるかで人生が左右されます。

私が生み出した「はづき数秘術」で診ると、2018年は「11:つながり」の年に当たっています。 「何をするか」より、「誰とするか」が重要なカギを握る、心理的にも「動揺」しやすい、不安定な年です。

「1」は、「トップ・一番・競争」など、男性性を象徴する数字。 「2」は、「受容・調和・サポート」など、女性性を象徴します。 1〜9の9年周期で巡る「運気の流れ」のなかで、2017年から新たに始まった9年周期は、「2」の時代に入って2度目の周期。さらに2018年は9年周期のなかでも2番目に当たる年。 つまり、今年は否が応でも「2」の女性的なエネルギーが社会全体に強く影響することは避けられません。

なかでも2018年は単なる「2」ではなく、「11」の要素をもつ年。 2ケタのゾロ目の数は「マスターナンバー」と呼ばれる聖なる数字。 思いがけない事件や事故、天変地異も起こりやすく、不安感が高まるため、目に見えるものより、目に見えないスピリチュアルなものにスポットが当たり、心理面・精神面がより強調される1年になるでしょう。

2018年の運気の波にのるコツは、ズバリ!「つながり」です。 自らの本音や直感、なんとなくの感性を磨き、自らの内面とより深く、より強くつながることが、求められるでしょう。 もう自らの本音や本心にウソをついてまで、生きていくことができない時代です。自分の本音・本心と実際に言っていること、やっていることが違うから、「動揺」することになるのです。 そこに気づけるかどうか、自分のなかの矛盾を認め、本音・本心に従って生きていけるかどうかが、今年2018年の波にのるために、「あなたがすべき」、もっとも大事なことになります。

今年の運気を樹木の成長にたとえると、「お手入れ」のとき。

昨年まいた新しい種を育てていくために、今年は仲間を見つけてつながり、新たな人間関係を築いていくタイミングです。 そのためにも、まずは自分自身の「心のお手入れ・メンテナンス」に手を抜かないこと。今年はあなたの内面の状態が、ビックリするほどの速さで、外側に表れることになるのは避けられません。

あなたのなかで9年単位での大きな方向性は、すでに決まっているハズ。 だからこそ、今年は「何をするのか」ではなく、「誰とするのか」を意識して、より深い「つながり」を築いていくことが大切です。

2018年は人間関係のなかで「表と裏」「本音と建て前」など、今まで隠れていた闇の部分が、急激に明るみに出てくるでしょう。「こんなハズじゃなかった……」「こんな人だとは思わなかった……」という、どんでん返しや裏切りが出てくるのも避けられません。 これは従来の「競争・優劣・力による支配」の男性の時代が終わるためのデトックスです。そこで動揺せず、お互いの本音がわかって良かったと思えれば、そこから新たなつながりが生まれ、その先に女性が社会の中心となって活躍し始める「調和・受容・分かち合い」の時代が本格的に始まることになるのです。

「揺れることを恐れない」「心はコロコロ揺れ動くもの」 動揺したっていいのです。揺れても戻る場所があれば、それでいい。 「内なる自分」「目に見えない世界」「宇宙」とつながり、本音の声に従い、直感やヒラメキに素直に従って生きていくことで、想像を超える明るく楽しい未来が開けてくるのです。

「すべての答えは、自分のなかにある!」

今年、自らの直感をどこまで信じ切れるのかが試される年。 「内なる自分」としっかりつながることができれば、目の前の相手とつながることなんてカンタンです。

まずは「内なる自分」と深くつながること。 「揺れて戻る」。バランス感覚を磨きましょう。