魔法のサイクル

WEEKLY CYCLE

11/12~11/18のサイクル

接触頻度を高める

共通のテーマが決まれば、その実現に向けて具体的に行動していきましょう。相手の指示を待っているだけではダメ。自分のアタマで考えて、足を使って行動し、ドンドン積極的に提案していきましょう。日々の「報告・連絡・相談」を忘れずに、接触頻度を高めること。相手にとって、あなたがいることが当たり前の状態をつくることで、人生のステージが変わります。

MONTHLY CYCLE

11月のサイクル

魔法のじゅもん愛しています。感謝しています。ありがとうございます
魔法の作法会う前に相手の幸せを祈る

新たにつながった人との絆を太くしていくため、
会う回数や時間を増やしていきましょう

今月は今年2回目の「4:安定」の月。2月の「安定」は今、目の前にいる人と誠実におつき合いすることが求められていましたが、新しい人とのつながりが見えてきた今月は、より明確な意図をもって、新たな人との関係性を深め、お互いの絆をしっかりと結んでいくタイミング。人間関係の土台づくりのために、地道な努力を重ねていくことが求められます。

人と人が仲良くなるのに時間は関係ないといわれますが、深い人間関係を築いていくためには、やはり時間が必要。人間関係の深さは一緒に過ごした時間と会う回数に大きく左右されることは否めません。つまり、新しい人とのつながりに必要なのは、この接触頻度。メールやSNSでつながるのはカンタンですが、だからこそ実際に会うことの重要性は、これからますます高まっていくことは間違いありません。

今月は意識して、つながりたい相手との接触頻度を高めていきましょう。ちょっとしたことでも電話やメールで済ますのではなく、会えるときは直接会って話をしましょう。仕事上のつながりがあるのなら、それが最良の営業活動になりますし、恋愛関係なら、それによってふたりの愛情も深まるハズ。そういう意味でも「会うための口実」が必要になるので、何か共通のプロジェクトを立ち上げることをおススメします。

恋愛関係でも、仕事関係でもないのなら、旅行の計画を立てるとか、ホームパーティやイベントを企画するのも良いでしょう。あなたが相手にラブコールを送っているのなら、あなたから積極的に働きかけるしかありません。ボランティア活動でもいいのです。共通の目的をもって、一緒に何かをつくり上げていくことでお互いの絆が深まっていくのですから……。

今すぐ、新しい人間関係のなかでメリットを求めないこと。つまらない計算や打算、損得勘定はすぐに見破られてしまうだけ。会う前に相手の幸せを祈り、今、目の前の相手の幸せに貢献することが、やがて大きくなってあなたの幸せとなって返ってくるのです。今は目の前の相手を喜ばせることだけを考えて、「ギブ&ギブ」で誠実に奉仕することが、今月の波にのるコツになるのです。

YEARLY CYCLE

2018年のサイクル

今年は「つながり・動揺」の年。
誰とつながるかで人生が左右されます。

私が生み出した「はづき数秘術」で診ると、2018年は「11:つながり」の年に当たっています。 「何をするか」より、「誰とするか」が重要なカギを握る、心理的にも「動揺」しやすい、不安定な年です。

「1」は、「トップ・一番・競争」など、男性性を象徴する数字。 「2」は、「受容・調和・サポート」など、女性性を象徴します。 1〜9の9年周期で巡る「運気の流れ」のなかで、2017年から新たに始まった9年周期は、「2」の時代に入って2度目の周期。さらに2018年は9年周期のなかでも2番目に当たる年。 つまり、今年は否が応でも「2」の女性的なエネルギーが社会全体に強く影響することは避けられません。

なかでも2018年は単なる「2」ではなく、「11」の要素をもつ年。 2ケタのゾロ目の数は「マスターナンバー」と呼ばれる聖なる数字。 思いがけない事件や事故、天変地異も起こりやすく、不安感が高まるため、目に見えるものより、目に見えないスピリチュアルなものにスポットが当たり、心理面・精神面がより強調される1年になるでしょう。

2018年の運気の波にのるコツは、ズバリ!「つながり」です。 自らの本音や直感、なんとなくの感性を磨き、自らの内面とより深く、より強くつながることが、求められるでしょう。 もう自らの本音や本心にウソをついてまで、生きていくことができない時代です。自分の本音・本心と実際に言っていること、やっていることが違うから、「動揺」することになるのです。 そこに気づけるかどうか、自分のなかの矛盾を認め、本音・本心に従って生きていけるかどうかが、今年2018年の波にのるために、「あなたがすべき」、もっとも大事なことになります。

今年の運気を樹木の成長にたとえると、「お手入れ」のとき。

昨年まいた新しい種を育てていくために、今年は仲間を見つけてつながり、新たな人間関係を築いていくタイミングです。 そのためにも、まずは自分自身の「心のお手入れ・メンテナンス」に手を抜かないこと。今年はあなたの内面の状態が、ビックリするほどの速さで、外側に表れることになるのは避けられません。

あなたのなかで9年単位での大きな方向性は、すでに決まっているハズ。 だからこそ、今年は「何をするのか」ではなく、「誰とするのか」を意識して、より深い「つながり」を築いていくことが大切です。

2018年は人間関係のなかで「表と裏」「本音と建て前」など、今まで隠れていた闇の部分が、急激に明るみに出てくるでしょう。「こんなハズじゃなかった……」「こんな人だとは思わなかった……」という、どんでん返しや裏切りが出てくるのも避けられません。 これは従来の「競争・優劣・力による支配」の男性の時代が終わるためのデトックスです。そこで動揺せず、お互いの本音がわかって良かったと思えれば、そこから新たなつながりが生まれ、その先に女性が社会の中心となって活躍し始める「調和・受容・分かち合い」の時代が本格的に始まることになるのです。

「揺れることを恐れない」「心はコロコロ揺れ動くもの」 動揺したっていいのです。揺れても戻る場所があれば、それでいい。 「内なる自分」「目に見えない世界」「宇宙」とつながり、本音の声に従い、直感やヒラメキに素直に従って生きていくことで、想像を超える明るく楽しい未来が開けてくるのです。

「すべての答えは、自分のなかにある!」

今年、自らの直感をどこまで信じ切れるのかが試される年。 「内なる自分」としっかりつながることができれば、目の前の相手とつながることなんてカンタンです。

まずは「内なる自分」と深くつながること。 「揺れて戻る」。バランス感覚を磨きましょう。